アイルランド文化研究会(日本アイルランド協会)の告知、資料公開、情報交換、討論等を行うブログ。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アイルランド文化研究会(9月例会)のお知らせ
アイリッシュ・パブとはなにか? 百人いれば百人の考えがあるのではないでしょうか。9月の例会は、今や世界の大都市ならどこにでもあるアイリッシュ・パブについて、考えてみます。会場はもちろんアイリッシュ・パブ!

日時:2009年9月19日(土) 15:00-17:00
場所:アイリッシュパブ ザ・シャノンズ
東京都品川区大崎1-11-6 TEL/FAX 03-5437-5779
http://www.avalon-intl.co.jp/shannons/
参加費:無料・お店にてオーダーをお願いします。

▼トーク1
タイトル: ニューヨーク名物、McSorley's Old Ale House
萬崎めぐみ氏 (アイルランド製品輸入販売自営業)

「上等のエール、生のタマネギ、女性お断り。」ニューヨーク・イーストヴィレッジに1854年開業のMcSorley's Old Ale House、看板にそう書かれていたそうです。リンカーン以降の歴代大統領が訪れ、禁酒法(1920~33年)の時代も営業し続けたアイルランド系の酒場で、壁を埋め尽くす額の中にはフィニアンの盟約書(1858年)もあるとか。アクション映画『ハード・ウェイ』や常盤新平氏のエッセイから、この酒場の1シーンを軽くご紹介の予定。(萬崎)

▼トーク2:
タイトル: 「アイリッシュ・パブの過去・現在・未来」
小松健二郎氏
(日本アイルランド協会 会員/アイリッシュパブ ザ・シャノンズ オーナー)

アイリッシュパブ(東京都品川区大崎)を営業されている小松健二郎にお話を伺います。開店されてから10年を経た今、改めてアイリッシュパブをめぐる状況の変化、その魅力、これからのビジョンについて、存分に語って頂きます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。